(仮)掛田大橋は、何十年もの長い間使用していくことを考慮して、高耐久な構造物とするための様々な対策を行っています。